普通という理想を求めて。 = 26歳からの行動記録 =

今のメインは、就活と歯列矯正たまに婚活。


文房具を購入しました

こんにちは。

色々と日付が進まないと話が進まない事ばかりなので、今日は購入品をご紹介したいと思います。

 

 

さっそくですが、購入した品物はこちらです。

 

購入品

 

  1. オートシャープ no-noc - ノノック - ¥ 540 -
  2. KURUTOGA  ADVANCE - クルトガ アドバンス - ¥ 594 -
  3. MONO  one - モノワン - ¥ 162 -
  4. HB 0.5mm 替え芯 ¥ 216 -
  5. クリアファイル ¥ 97 -

** 注意 **

表示価格は、私が購入時のものです。

場所や時期によっては違う場合もありますので、ご了承ください。

 

ポリテクで使う予定の文房具達です。

どうせ購入するなら紹介しようと思い、紹介するなら使いやすそうなのをとこれらを選びました。

紹介するのは、1番から3番までのシャーペンと消しゴムだけです。

替え芯とクリアファイルは見たままなので、特に紹介する様な事はないと思いますので。

 

オートシャープ no-noc - ノノック -

no-noc

OHTO オート株式会社が発売している、自動的に芯が出ることを最大の特長にしてるシャーペンです。

以下は、説明書きの引用です。

商品の特長

  • 芯を自動で送り出すシャープ
  • ペン先のガイドパイプが芯をガード
  • 握りやすく美しいアルミ製ボディ

正しい使い方

■  書きはじめ

はじめに1回だけノックしてください。

先端からガイドパイプが飛び出します。

ガイドパイプから芯がわずかに出ていることを確認します。

あとはノックなしで書き続けることができます。

■  書き終わったら

ノック部分を押しながら、ペン先を固い面などに押し当てて、ガイドパイプを収納してください。

※  ガイドパイプから芯が必要以上に長く出た状態で筆記した場合、芯が折れることがあります。

※  最初の芯が出るまではノックが必要です。

※  従来のシャープペンシルのようにノックを用いた使用も可能です

 

見た目はシンプルで、名前のロゴだけが書いてあります。

ぱっと見ボールペンにも見えますね。

ノックは最初だけでいいとの事なので、試してみると本当にずっと書けますΣ(OдO ;)

もう逆に違和感ですw

出た芯をガードしてくれてるので、ちょっとの事では折れませんでした。

中学の頃に振ったら芯が出るタイプが流行ったんですけど、今は書いてるだけで芯が出る時代になったんですね。

時の流れを感じますw

 

 KURUTOGA  ADVANCE - クルトガ アドバンス -

クルトガ

三菱鉛筆株式会社が発売している、自動的に芯が回りずっと尖った状態を維持できることを最大の特長にしてるシャーペンです。

以下は、説明書きの引用です。

キレイな文字を書くための技術

① 2倍速!!Wスピードエンジン

回転機構が2倍速く回るエンジンに進化。

2倍速で芯がトガるので、より早く、更に細く一定の線幅が続き、細かい文字もつぶれず、ハッキリと書き続けられます。

漢字からカナや英字まで画数に関わらず色々な文字で効果を実感できます。

注)筆圧でギアが上下運動することで芯が回る仕組みですので以下の場合には芯が回りません。

●  紙と芯が離れることなく筆記し続ける場合(長い線・円・一筆書きなど)

●  極端に筆圧が弱い場合

●  軸を寝かせて筆記する場合など。

※  ただし、通常のシャープとしての筆記には問題ありません。

 ② 金属パーツ

芯を回転させる機構をより安定させるため、精緻に加工した金属部分を採用。

③ 芯折れ防止機構

筆記時の芯折れを防ぐために、芯を出さなくても筆記可能なスライドパイプを搭載。

最適化した形状と加工により、筆記感を損なわず筆記可能。

※  スライドパイプが短くなったらノックして芯をくり出してご使用下さい。

※  「芯折れ防止」は芯が先端から出ていない状態に限り、効果を発揮します。

 

見た目はノノックよりさらにシンプルで、小さくちょこんとロゴが入ってます。

下の透明な部分にオレンジのマークがあるのですが、これがくるくる回ってくれる事で芯も回ってると目視できます。

試し書きしてみたんですけど、確かに筆圧が弱い人には向かないかなって思いましたね。

ペンが紙を少し押した時にくるっと回るので、筆圧弱い人は押し込む様に書かないと恩恵を受けれないと思います。

今まで芯が折れた事ない人や下敷き使ってなくてもノートの裏が凸凹にならない人は、諦めて違うシャーペンを探した方が良さそうです。

 

MONO  one - モノワン -

モノワン

株式会社トンボ鉛筆が発売している、つめ替え式のホルダー消しゴムです。

以下は、説明書きの引用です。

特長

  • ペンを置かずに素早く握れるショートボディ
  • A/B罫ノートの1文字から消せる中細消しゴム
  • 高い消字力と強度を両立した新配合消しゴム
  • 消しゴムの折れを防ぐ衝撃吸収クッション
  • 握りやすい大型ラバーグリップ
  • デスクで転がりにくい転がり止め付き

使い方

  • グリップを時計回りにまわして消しゴムを繰出して下さい。消しゴムの繰出し量は3〜4mmが適量です。
  • 使い終わったらグリップを反時計回りにまわして消しゴムを収納してください。

替えゴムの交換方法

  • カチッと音がするまで消しゴムを完全に繰出してください。
  • 消しゴムを下に向けて軽くたたくと残ゴムが落下します。
  • 替えゴムを差込んでグリップを反時計回りにまわして消しゴムを収納してください。

 

ペン型の消しゴムを探してた所、これを見つけたので購入しました。

リップクリームみたいに回す事で出したり戻したりできるタイプになります。

小さいですが私には握りやすく、使い切ったら替えゴムを買って入れ替える事ができるのもポイントが高いです。

ただ、キャップを失くしそうだなってちょっと思ってますw

 

こんな感じで紹介は終わりたいと思います。

参考になりますかね|・ ω・)?

 

つぶやき

私の感覚では、ノノックは絵の下書きに最適でクルトガは漢字の練習とかに最適だなって思いました。

 

久しぶりに文房具屋に行ったんですけど、替え芯って思っていたより高いんですね。

100円前後だと思ってましたわ。

替え芯がなくなったら、100均に行った方がいいですね。

それに比べクリアファイルの安い事w

100円でお釣りが来ちゃいます(*>人<)

ノートも買おうかなって思ったんですけど、家にルーズリーフ用紙があったのでとりあえずはそれを使おうとセーブしました。

どんな授業になるか分からないですからね。

 

ここまで見てくれてありがとうございました。

思ってたより大分長くなって、今更ながら分けた方が良かったかなって……

スマフォからの人は見難くて、ごめんなさい(*_ _)

 

ここから下は、ただの金額メモになるのでスルー安定ですw

ちなみにテキスト代も払って来たので、付け加えときますね。

では、また次回です(*・∀・)ノ゙

 

 

  * * * * * * * * * * 

 

2018.09.13 テキスト ¥ 757 -
2018.09.13 文房具 ¥ 1,609 -
合計   ¥ 2,366 -